住宅のコストダウンはプロにお任せ!京都で注文住宅を建てるなら。

あなたの家づくりを劇的に変える、全く新しいサービスです

住宅CMサービス京都

サイトマップお問合わせ・資料請求RSS
無料Eメールセミナー 失敗しない家づくりのための5つのポイント
お名前:
email:

 

KBS京都ラジオ

「MyHOMEへようこそ」

コメンテーターとして出演!

KBS京都のマイホームへようこそ

 

  過去の放送を試聴 過去の放送

 

入札による相見積の事例

住宅CMサービスで実際に行った『部位別見積書』による入札結果です。

普通の見積書と何が違うのか? 見積書式の違い 工種別見積りと部位別見積りの違いへ

■工事グループ内訳書 延床面積[37.5坪]

No.
工事名称
A社
B社
C社
D社
平均
(構成比)
[1] 仮設工事
540,853
504,884
599,618
750,857
599,053
(2.6%)
[2] 土工・基礎工事
1,074,176
1,041,390
1,878,120
1,060,668
1,263,588
(5.6%)
[3] 躯体工事
3,082,131
5,833,422
4,921,272
5,170,159
4,751,746
(21.1%)
[4] 屋根・外部仕上工事
2,636,678
3,039,656
2,362,398
2,257,459
2,574,048
(11.4%)
[5] 内部仕上工事
1,915,323
1,295,707
2,082,902
1,462,820
1,689,188
(7.5%)
[6] 開口部・建具
1,929,938
1,883,856
2,787,991
1,519,450
2,030,309
(9.0%)
[7] その他工事
624,242
370,706
1,078,793
626,572
675,078
(3.0%)
[8] 建築設備工事
3,331,640
3,031,600
3,845,340
4,319,935
3,632,129
(16.1%)
【建築本体工事】
15,134,981
17,001,221
19,556,435
17,167,920
17,215,139
(76.5%)
  ※坪単価(参考まで)
(403,599)
(453,366)
(521,505)
(457,811)
(459,070)
[9] 附帯工事
1,200,000
1,050,000
1,483,646
1,244,549
(5.5%)
[10] 附帯設備工事
492,100
1,116,000
804,050
(3.5%)
[11] 設計管理費
1,544,000
800,000
1,694,000
1,420,000
1,364,500
(6.0%)
[12] 運搬諸経費
554,000
140,000
600,000
1,850,000
786,000
(3.4%)
  合計見積金額
17,232,981
19,633,321
24,016,435
21,921,566
21,414,238
(95.2%)
  消 費 税
861,649
981,666
1,200,822
1,096,078
1,070,712
【総 合 計】
\18,094,630
\20,614,987
\25,217,257
\23,017,644
\22,484,950
(金額:円)

※ あくまでも、ひとつの事例なので、ご要望や建築条件によって金額は異なります。
※この建物のグレードは、中の上程度の「自由設計による注文住宅」です。 ローコスト仕様ではありません。

普通の見積書と何が違うのか? 見積書式の違い 工種別見積りと部位別見積りの違いへ

 

《見積書の解説》

同じ間取り、共通の見積書書式ながら、各社の特色を生かした提案をもとに見積書を提出してもらいます。

A社は、自社の得意とする「2×4工法」の提案。屋外給排水工事などは、本体工事に含まれているため「付帯設備工事」はゼロ。外構工事などの「付帯工事」は別途です。「2×4」の耐震性と気密性、基礎断熱とペアガラスの採用で、基本性能は押さえたうえで、コストを抑えた分、オプションとして「外断熱」も別見積で提示しました。

B社は、構造躯体に特長を出しました。土台に樹齢百年ものの目の詰まった「豪州ヒノキ」の4寸角を採用。
二階の梁も通常の2倍のピッチで小梁を配して、木材の材積は通常の在来工法の1.5倍です。グループで共同仕入れをしているので、建材の仕入れ価格が安く収まるのもメリットです。

C社は、断熱性能を重視して自然素材の「セルロースファイバー断熱材」や開口部に樹脂のペアサッシを提案したため、[6]の開口部・建具工事や[7]のその他工事が突出しています。事前に予算を伝えていないため、価格の競争ではなく、性能や自社の得意工法での差別化提案です。

D社は、大工からスタートした社長が15億規模までした会社。専属で「手刻み」ができる大工4組を抱えていることが自慢で、プレカットを使わない昔ながらの「手加工」の在来軸組み工法の提案です。住宅設備機器はもう少し廉価なものでも、構造体に関しては譲れない、一本筋の通った見積でした。

見積書には、「金額」だけでなく、各社の「家づくりに対する姿勢」もうかがえます。 どのような性能を特長としているのか、どこが他社と違うのか、各社の経験が「仕様書」に反映します。

弊社の「競争入札」は、価格競争を目的としているのではなく、価格はあくまでひとつの判断材料としています。 各社の家づくり思想が反映している「見積書」と「仕様書」を比較することで、施主のパートナー選びの第一段階がようやくスタートです。

家は「人がつくる」ものです。

決して価格だけでは判断できません。
価格も、性能も、施工企業も「比較できる判断材料」を提供することが「競争入札」の目的です。

※住宅CMサービスの業務内容について、簡単にお知りになりたい方は 
こちら(↓)のサイトをご覧ください。

家づくりのための相談窓口 住宅CMサービス

 

《競争入札のメリット》

普通に相見積を取るとどうなるか?

各社、見積もりの書式はバラバラ。プランも各社が独自に作るので、バラバラ。そうなると、どこが安くてどこが高いのか‥‥まったく比較のしようがありません。
住宅CMサービスで競争入札をすれば、1つのプランに対し、同じ書式で見積書が提示されるので、誰でも簡単に比較検討ができます。

でも、メリットはそれだけではありません。

普通に相見積を取った場合、どこか1社に決めたとたんに、他社の見積書は何の役にも立ちません。
例えば相見積を取ると、こんな具合に見積りが提示されます。

A社の見積り
項目 仕様 単価 数量 単位 金額
天井仕上 和紙クロス 1,400 124 u 173,600
壁仕上 珪藻土塗 4,000 346 u 1,384,000
      1,557,600

 

B社の見積り
項目 仕様 単価 数量 単位 金額
内装仕上げ ビニルクロス   1 670,400
 〃 高所作業足場   1 50,000
      720,400

見積書の内装工事の部分ですが、
A社もB社も、それぞれ独自のプランを作成するので、当然数量が違います。 おまけにA社の単位はuで、B社は1式。これだと、比較のしようがありません。
それでも、珪藻土塗りよりもビニルクロスの方が安そうなことは分かります。

もし、あなたがA社を選んだとします。しかし、予算オーバーのためコストダウンしなければなりません。そこでLDK以外はビニルクロスにする事にして、再度見積りを提示してもらいました。

A社からの再見積もり
項目 仕様 単価 数量 単位 金額
天井仕上(LDK) 和紙クロス 1,400 35 u 173,600
壁仕上(LDK) 珪藻土塗 4,000 62 u 248,000
天井仕上(その他) ビニルクロス 1,300 110 u 143,000
壁仕上(その他) ビニルクロス 1,300 352 u 457,600
      1,022,200

やりました。以前の見積りより50万円以上のコストダウンができました。
しかし、この提示金額は本当に妥当な金額なのでしょうか?
もしかしたら、本当はもっと安くなるのでは?

LDKの天井35u、壁62uというのは正しいのでしょうか?本当はもっと少ないのかも知れません。
ビニルクロスの単価が1300円と言うのは妥当なのでしょうか?B社だったら、もっと安いのかも知れません。

結局、妥当な金額なのかどうかは永遠に分からないままです。
妥当性が分からないので、値引き交渉をしてみますが、あまり値引きさせ過ぎると、手を抜かれるかも知れませので、非常に難しい交渉を強いられることになり、いらないところでエネルギーを消耗させられます。

ところが、住宅CMサービスの競争入札なら、プランも見積り書式も統一されています。しかも、内装仕上げは各部屋ごとに数量が明示されています。ですから他社の見積書を見れば、自分自身でいくらコストダウンできるのかが分かるのです。
もし、再見積もりで全然違う金額が提示された場合は、確証を持って交渉する事ができるのです。

それ以前に工務店側も、あなたが同じ書式の他社の見積書を持っている事を知っています。
ですから、誠意ある金額を提示せざるを得ないのです。

住宅CMサービスをご利用になれば、あなたは価格交渉と言う、いらないところにエネルギーを消耗されることなく、家づくりに専念できます。

※住宅CMサービスの業務内容について、簡単にお知りになりたい方は 
こちら(↓)のサイトをご覧ください。

家づくりのための相談窓口 住宅CMサービス

 

 

 

 

15分で解説「住宅CMサービス京都」

住宅CMサービス京都とは‥‥下の動画で分かりやすく解説いたします。

 

最初の5分間を見ていただければサービスの概略が分かります。

  ‥‥住宅CMサービスの概念と、工務店決定までの流れ。

 

残りの10分間でサービスをご利用されている様子をご紹介しています。

  ‥‥各社見積一覧表、工務店面談、施工中のチェック、完成−お引渡し。

 

(動画長さ:14分51秒)

 

 

 

サービス対象エリア

【京都市】
京都市中京区、下京区、上京区、東山区、南区、西京区、右京区、北区、左京区、山科区、伏見区

【その他市部】
向日市、長岡京市、亀岡市、宇治市、八幡市、城陽市、京田辺市、木津川市、南丹市、綾部市、福知山市、舞鶴市、宮津市、京丹後市
【郡部】
大山崎町、久御山町、宇治田原町、井手町、和束町、笠置町、精華町、京丹波町、与謝野町、伊根町南山城村

 

※滋賀県、奈良県でも一部対応しております。詳しくはお問い合わせください