住宅のコストダウンはプロにお任せ!京都で注文住宅を建てるなら。

あなたの家づくりを劇的に変える、全く新しいサービスです

住宅CMサービス京都

サイトマップお問合わせ・資料請求RSS
無料Eメールセミナー 失敗しない家づくりのための5つのポイント
お名前:
email:

 

KBS京都ラジオ

「MyHOMEへようこそ」

コメンテーターとして出演!

KBS京都のマイホームへようこそ

 

  過去の放送を試聴 過去の放送

 

住宅CMサービスのコンセプト

このサイトでは弊社の「家づくりへの思い」や「住宅業界のあり方」を熱く語っています。
ですので、文字が多くなってしまいました。
簡単に住宅CMサービスをお知りになりたい方はこちら→ 家づくりのための相談窓口 住宅CMサービス

CM(Construction Management)とは・・・?

『コンストラクション・マネジメント』とは、全米ホームビルダー協会が、住宅建設業者向けにまとめた経営マネジメントのノウハウです。 請負業者が行なう、品質管理、コスト管理、スケジュール管理、そして資金繰りを含めた経営全体のマネジメント・システムなので、本来は、工務店経営者が学ぶべき経営管理技術を指しています。

 

しかしこのサイトでは、そんな難しいことを学んでいただこうというものではありません。

 

このようなマネジメントノウハウを持った専門家が、あなたの家づくりのサポートをしていきます。
家づくりの全ての段階で、「いい家を安く」を実現させるために、専門家の知恵と経験を利用するのです。

 

このサイトにたどり着くまで、CMというのを見聞きしたことがあるかも知れません。
あなたの知っているCMと違うと感じるかもしれないので、このページで説明しておきましょう。

 

※住宅CMサービスの業務内容について、簡単にお知りになりたい方は 
こちら(↓)のサイトをご覧ください。

家づくりのための相談窓口 住宅CMサービス

■CMは『分離発注』?

アメリカから輸入された『コンストラクション・マネジメント』は、いつのまにか日本では『分離発注』の意味にすり替えられてしまいました。つまり、施主自身が、元請を通さず複数の専門工事業者に競争入札を実施し、直接発注するという意味になってしまったのです。

実際には、設計事務所などが『分離発注業務』をサポートするという形になっています。

「なるほど、元請の利益を抜いた分、コストダウン出来るんだな・・・!」
「設計事務所のチェックが入るから、品質についても安心だ!」

初めて家を建てる人はそう感じるかも知れません。
でも住宅の建設はそんな単純なものではありません。

マンションやホテルの耐震強度偽造問題では、設計事務所のチェック能力が明るみに出ました。
元請設計事務所は「意匠デザイン」だけ担当して、「構造」や「設備」は下請けに任せ、チェックできていなかったということです。そのため、何人もの一級建築士が資格を剥奪されました。

結局、 デザインをする人とマネジメントを指導する人は別のスキルが必要なのです。

例えば、あなたのお仕事の業界を考えて下さい。
製造業であれば、プロダクトデザイナーやファッションデザイナー
広告や印刷関係であれば、グラフィックデザイナーやWebデザイナー
ソフトを開発するプログラマーや店舗デザイナーも・・・

彼らは、時間やコストのマネジメントよりも、ものづくりに没頭する人たちではないでしょうか?
技術的に難しいことよりも、予算がオーバーすることよりも、自分の表現したいものをつくりたい人たちではないでしょうか・・・?

自らデザインを手掛けながら、プロジェクト全体のマネジメントが出来るとは考えにくいと思いませんか?
だから、映画や広告業界などでは、プロデューサーやディレクターといった別の職能が全体のマネジメントをしている訳です。

■弊社独自のCMとは・・・?

弊社では、家づくりに携わる職能が、それぞれの得意分野に特化してもらうことで、建設プロジェクト全体のマネジメントがうまく回ると考えました。不得意な業務はさせないという発想です。
そうすれば、効率化が図られ「良質な家が安く建てられる」わけです。
それが、弊社が考えた住宅CMサービスです。

●設計事務所・・・建築士は、図面を描くプロです。しかし、ビルも病院も店舗も設計している設計事務所では、効率化を図ることは困難です。「戸建て住宅」に特化した設計者やデザイナーに要望や納期を的確に伝えることで効率化が出来るのです。

●施工会社・・・施工会社は、部材と職人を調達するプロです。年間を通して大量の発注ロットがあるので、個人が分離発注して直接仕入れるよりも、同じ資材を安く調達することが可能です。しかも、安定して職人に仕事を提供することで、職人の労務費も抑えられますし、何よりも現場の連携がスムーズに取れるのです。設計事務所の『分離発注』ではこうはいきません。

●積算業務・・・施工会社に積算を任せると、自分たちなりの見積書をつくります。明細もなく、仕様も明記されていない見積で契約を迫られます。公正な競争入札を実施するためにも、積算のプロが積算資料をつくることでコストダウンにつなげます。

●現場検査・・・現場検査のプロも登場してきました。職人たちは得てして、自分のやりやすい方法、昔ながらの方法を取ります。隠れてしまったところは、プロでも手抜きの発見は容易ではありません。施工中の第三者の検査を入れれば安心です。

キーワードは『効率化』です。得意な仕事に特化してもらい、不得手な仕事は省いてあげます。
集客や営業折衝なども、彼らは不得意なのです・・・(-_-;)
そして業務をできるだけ標準化して、パソコンや通信技術(CAD、Eメール、Web、カメラ付き携帯などのITツール)を利用し打合せに掛かる時間も効率化します。
ハウスメーカーのような プランや施工方法の標準化ではなく、業務フローの標準化だから、個性的な家も特注のデザインも可能です。

これらの業務の流れをマネジメントするのが、CMr(コンストラクション・マネージャー)です。
家づくりプロジェクトを統括するプロデューサーといってもいいかも知れません。

※住宅CMサービスの業務内容について、簡単にお知りになりたい方は 
こちら(↓)のサイトをご覧ください。

家づくりのための相談窓口 住宅CMサービス

■料金(業務報酬)の考え方

では、これだけの業務をこなしてもらうと、一体いくらかかるのか・・・?
相当な業務報酬を用意しなければならないのだろうか・・・?
気になるところです。

しかし、CMr自体も業務を効率化すれば、最少の業務負担で大きな効果を出すことが可能です。
またこれまで、設計も含めたこのような業務が「工事費の何%」と決められていた慣習にも疑問がありました。

なぜなら、コスト削減を工夫するほど、工事費が下がり自分の報酬も比例して安くなるのです。
工事費の査定は施主ではなく、CMr自身の手のひらにあるのです・・・。

弊社では、思い切って『定額制』にしました。
お客さまと「総予算」について駆け引きや腹の探り合いをしても仕方ありません。
その労力と時間は別に使った方がいいのです。

『定額制』にするほうがお互いにメリットがたくさんあります。
お客さまは安心して相談できます。時間や予算を気にする必要もありません。

弊社も、定額制にするからには効率化を図らなければなりません。そうすると、さらに業務の標準化を進めることが求められ、月当たりの業務量を増やすことが可能となります。
売上と競争力が同時についてくるのです。これが本来のマネジメントなのです。

金額も、お客さまが気軽に相談でき、多くの皆さんの支持をいただけるだろう費用を考えました。
なぜなら、この方式を広く行き渡らせたいからです。

もう少し、業務の流れと料金を知りたい方は、こちらからお入りください。

 

 

 

15分で解説「住宅CMサービス京都」

住宅CMサービス京都とは‥‥下の動画で分かりやすく解説いたします。

 

最初の5分間を見ていただければサービスの概略が分かります。

  ‥‥住宅CMサービスの概念と、工務店決定までの流れ。

 

残りの10分間でサービスをご利用されている様子をご紹介しています。

  ‥‥各社見積一覧表、工務店面談、施工中のチェック、完成−お引渡し。

 

(動画長さ:14分51秒)

 

 

 

サービス対象エリア

【京都市】
京都市中京区、下京区、上京区、東山区、南区、西京区、右京区、北区、左京区、山科区、伏見区

【その他市部】
向日市、長岡京市、亀岡市、宇治市、八幡市、城陽市、京田辺市、木津川市、南丹市、綾部市、福知山市、舞鶴市、宮津市、京丹後市
【郡部】
大山崎町、久御山町、宇治田原町、井手町、和束町、笠置町、精華町、京丹波町、与謝野町、伊根町南山城村

 

※滋賀県、奈良県でも一部対応しております。詳しくはお問い合わせください