住宅のコストダウンはプロにお任せ!京都で注文住宅を建てるなら。

あなたの家づくりを劇的に変える、全く新しいサービスです

住宅CMサービス京都

サイトマップお問合わせ・資料請求RSS
無料Eメールセミナー 失敗しない家づくりのための5つのポイント
お名前:
email:

 

KBS京都ラジオ

「MyHOMEへようこそ」

コメンテーターとして出演!

KBS京都のマイホームへようこそ

 

  過去の放送を試聴 過去の放送

 

他のサービスとの違い ちょっと贅沢なサービスとは?

家づくりのこれまでの常識が変わります!

高級百貨店と住宅展示場

 多くの女性はウィンドショッピングがお好きでしょう。高級百貨店のウィンドディスプレイは、季節感や流行の色などを加味しながら、街全体の彩りにも華を添えています。 ショーウィンドーは「デコレーター」と呼ばれるデザイナーが「実際に店内にある商品」をマネキンや飾り棚などに飾っていきます。 (専門的にはVMD=ヴィジュアル・マーチャン・ダイジングといいます)

「ドキッ」とするような色使いの商品も、「ワクワク」するような演出も、「値札」のついた商品と、東急ハンズなどで「安く調達」できる展示用小物の組み合わせです。シーズンごとに常に入れ替るため、それほど大きな予算を掛けられません。でもオシャレな演出がされていますね!

 家づくりを考え始めると、きっと皆さんは住宅展示場にも行ってみるでしょう。
そこには、ドラマにでも出てきそうな大きな吹き抜けやオープンキッチンなどが、主婦の心をくすぐります。賃貸住宅の狭い玄関とは比べ物にならない広い玄関がお客様を出迎えます。

ここには、最高級の建材が使われ、イタリアの高級家具に、有名メーカーのインテリアファブリックなどが飾られます。とっても「お金」が掛かっていますね!(^_^;)

百貨店で買うときは・・・?

百貨店のショーウィンドーで見るものと、お店の中で売られているものと、品質も金額も全く同じです。プロが少し飾り付けをするだけで、見違えるようにオシャレになります。贈り物にしろ、自分が身につけるにしろ、十分検討して購入することができます。

購入する気があるなしに関わらず、店内ではていねいな接客が行なわれ、その気も無い人にアンケートを書かせるようなこともありません。もちろん、自宅まで追っかけてくるような販売員もいませんね。 「素材の質感」も「カラー」も「価格」も、あなたは納得の上で、買うことが出来るでしょう。

住宅展示場で分かること・・・?

 住宅展示場はいかがでしょうか?間取りや使い勝手は別として、あのような大きな建物が必要でしょうか?
総合展示場には60坪以下の建物はまず見かけません。その大きさがあるから、あのようなバランスよい外観が出来るのです。

そして、その建物自体がいくらの販売価格なのか、表示されているのを見たことがありますか?建物の外の給排水工事や地盤強度によって変わる工事費などは、「別途費用が掛かります」でも許されるでしょう。 でも、実際にこの家で生活するために、照明やカーテンも含めてどれくらいの予算が必要なのか、知りたいとは思いませんか?

「価格」も、実際に使われる「建材」も、最も大切な「性能」さえ分からないままアンケートの記入を強要され、当日か翌日には自宅まで営業マンが来るのです。それも1社だけでなく、何社も押しかけてくるのです。これが、今日の標準的な家づくりになってしまいました。

高級百貨店のコンシェルジェ

 コンシェルジェとは、フランス語で「接客責任者」という意味です。
百貨店やホテルなどの『サービス業』は「接客が命」です。あくまで『受身』で接客し、お客様からご満足いただいて、初めてそのお店から商品を買っていただけます。 だって同じモノを他の店でも買うことが出来るのです。

受身の接客でご満足いただき、再来店を促します。何度も買っていただける方を育て、上得意客としてさらにご愛顧に応えようとします。相手のほうから何度も足を運んでいただけるお客様には、広告宣伝費などはほとんど掛かっていません。 だからそれを価格にも反映させ、良質な接客サービスでおもてなしするのです。

ここには、「とりあえず買わせてしまったが勝ち!」という発想はありません。少しでも信頼を損ねると、次から別のお店に行ってしまうからです。

住宅業界の接客とは・・・?

これまでの住宅の販売手法は「契約を取ったが勝ち!」というところがありました。契約後は、少しくらい信頼を失おうが、不満を言われようが、営業担当者は次の見込み客探しに必死です。そこには「お客様にご満足いただこう」という発想よりも、他社よりも少しでも早く「契約」に持ち込むことが優先され、そのための知恵を絞ります。重視されるのは「接客」よりも「商談力」です。

だから、「キャンペーン」や「決算値引き」など、少しでも早く決断してもらう材料を揃えます。あまり説明しすぎると、かえって墓穴を掘ってしまい、時間も掛かります。手っ取り早く決めるために、限られた仕様、プランで、十分な説明なく自社都合を押し付けるケースが少なくありません。

住まいづくりのコンシェルジェとは・・・?

家づくりの主役はご家族です。コンシェルジェは、まず家族のご要望をじっくりお聞きします。家族構成や趣味、これまでの住まいの不満、そして将来の夢・・・

 土地を見に行き、日当たりや風の向き、周辺のロケーションなどを調べます。そしてご家族のご要望を整理して、たたき台となるプランをまとめます。あくまで『受身』だから、こちらからご自宅に訪問することも、予算をお聞きすることもありません。ご来社いただくかメールでのやり取りです。

プランである程度ご納得いただいたら、良心的な「定額制の相談料」を申し受けいたします。納得いただかない限り料金は無料です。そして、コンシェルジェ自身が目利きした、地元で信頼のある登録工務店に入札の案内を「メール」で投げ掛けます。家づくりにこだわりを持ち、プロを自認する工務店社長に、お客さまのご要望やプランを直接伝えるのです。ただし、予算は伝えません。各社からどのような見積が出てくるのか楽しみです。

 見積の高い・安いだけでは、家づくりをお願いする先は決められません。やはり実際の建物を見て、経営者の家づくりの考え方も聞いてみたいでしょう。ホームページを見て判断されるかも知れません。見積書を集計・査定し、絞り込んだ数社の工務店経営者と、出会いの場をセッティングします。コンシェルジェが同行し、各社に訪問するのです。住宅のことを熟知したコンシェルジェが立ち会うので、お客様も安心です。お客様と経営者が直接会えないような大きな会社、不遜な企業は対象外です。 だって、注文住宅は1棟1棟、経営者が責任を持ってお引受けするものだからです。

 基本性能や建設コストはおおよそ決まりました。しかし、不安は自分たちが求める「センスいい家」になるかどうか?ここでもコンシェルジェの登場です。ウィンドディスプレイが、安価でもちょっとした演出で見違えるような演出ができるのと同様、プロのコーディネーターやデザイナーにちょっとお手伝いいただくことで、センスアップが可能です。 すべてを決めるのはお客様であるあなたです。

契約までがスムーズだったとしても、家が建ち始めても不安は募ります。信頼の厚かった一級建築士でさえ「構造計算書」を偽造して、しかも検査機関がチェック機能を果たせなかったことも明るみに出ました。コンシェルジェは、ご入居までの不安を解消し、そしてご入居以降もご満足いただくことが使命です。工事中の第三者の検査はもとより、コンシェルジェ自身が、工事中15回程度にわたって現場に足を運びます。コンシェルジェの目で現場を確かめ、写真記録(サンプルはこちら)をとってお客さまだけが見れる秘密のサイトで、進捗状況や検査箇所をご自宅や勤務先でも見ることが出来るのです。

お引渡しの検査も立会い、工事中の写真はCDに焼き付けてお渡しします。工務店側から渡される設計図書と併せて工事履歴として保存していただきます。将来、仮に不具合が出たりリフォームをするときも、保証書と一緒に渡された工事履歴があれば安心です。

お客様の「精神的負担」と「経済的負担」を和らげ、ちょっとオシャレな家づくりをトータルでサポートする、住まいづくりのコンシェルジェはそんな「ちょっと贅沢な」サービスです。

※住宅CMサービスの業務内容について、簡単にお知りになりたい方は 
こちら(↓)のサイトをご覧ください。

家づくりのための相談窓口 住宅CMサービス

 

 

 

 

15分で解説「住宅CMサービス京都」

住宅CMサービス京都とは‥‥下の動画で分かりやすく解説いたします。

 

最初の5分間を見ていただければサービスの概略が分かります。

  ‥‥住宅CMサービスの概念と、工務店決定までの流れ。

 

残りの10分間でサービスをご利用されている様子をご紹介しています。

  ‥‥各社見積一覧表、工務店面談、施工中のチェック、完成−お引渡し。

 

(動画長さ:14分51秒)

 

 

 

サービス対象エリア

【京都市】
京都市中京区、下京区、上京区、東山区、南区、西京区、右京区、北区、左京区、山科区、伏見区

【その他市部】
向日市、長岡京市、亀岡市、宇治市、八幡市、城陽市、京田辺市、木津川市、南丹市、綾部市、福知山市、舞鶴市、宮津市、京丹後市
【郡部】
大山崎町、久御山町、宇治田原町、井手町、和束町、笠置町、精華町、京丹波町、与謝野町、伊根町南山城村

 

※滋賀県、奈良県でも一部対応しております。詳しくはお問い合わせください